名刺・ショップカードにおすすめの用紙は?

ウェブ注文のできる印刷会社では、名刺はもちろんショップカード依頼も可能です。

ただし、それぞれの印刷物には適した紙の厚さや種類があります。

それぞれの印刷物におすすめな印刷用紙をご紹介します。

 

●名刺印刷に向いている用紙の厚さと種類

まずは名刺に向いている紙について。名刺はご自身はもちろん、所属する会社のステータスを示すものでもあります。

そのため、あまり安っぽいものは避けたいところ。そのため、ある程度の厚みがある紙を選ぶのがおすすめです。

ただし、交換された名刺は名刺入れで管理されますから、その際にかさばらないよう気を遣うのも大切。

これらを踏まえ、バランスが良いのは180kg程度と言えるでしょう。

なお、紙質はマットコートやマットポスト、再生紙が一般的です。その他、写真や画像が多いなら光沢紙もおすすめ。

加えて、クリエイティブ系のお仕事の場合は、和紙を使ったりエンボス加工を施したりといった“こだわり”を演出してみましょう。

 

●ショップカード印刷に向いている用紙の厚さと種類

ショップカードはお財布などで管理されることが多い傾向にあります。また、情報量を増やすために、二つ折り形式が採用されることも少なくありません。

こうした点を踏まえると、厚さは180kg、もしくはそれ以下にしておくのがおすすめです。

紙の種類は上質紙やマットコート、光沢紙が一般的ですが、他店と差別化するために個性的な紙を使ってみるのもよいでしょう。

 

 

**********************************************

 

同じ印刷物であっても、それぞれの用途や目的に応じて紙の厚さや種類を選ぶことは非常に大切です。

名刺などの印刷物をウェブ注文する際は、今回お伝えしたポイントを活用してみて下さい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です